家系ラーメンではNO1か?!横浜ラーメン『一心』@取手市

2010年09月15日 22:31

【店名】
横浜ラーメン 一心
【住所】
茨城県取手市戸頭1274-3
【電話番号】
0297-78-1821
【営業時間】
11:00-14:00/17:00-21:00
定休日 月曜
【URL】
ラーメンデータベースのHP

すいません、間違ってけんじが書いた記事を消してしまいました。
イバタンメンバーけんじが『県内の家系ラーメンで一番うまい店』と豪語する店。一心
これが看板です。
一心、看板
つづいて、ネギ皿。200円。
一心、ネギ皿

そして、噂のスペシャルチャーシューです。
一心、スペシャルチャーシュー

スペシャルチャーシューともなれば値段は張りますが、ラーメンも650円からある。
代表はまだお店に行っていませんが、イバタンのラーメン通であるけんじが言うのだから間違いはないと思います。ぜひ、皆さん行ってみて感想を聞かせてください!!いずれ代表もけんじに連れてってもらいます!!
ではまた!!!


追記。

ゴマです。ゴマがワーナーマイカル守谷訪問時に撮ったサイズの大きな写真があるので載せます。

まずは外観。店名がわかとら家だったころの名残でお店には虎の絵が。
一心 外観

多いときにはお店の前に行列が出来ます。以前の店主が横浜家系総本山の吉村家で修行をしたとの事。今の店主にお店を引き継ぎ、その際にお店も一心になっています。


スペシャルチャーシューメン。
一心 スペシャルチャーシューメン

横浜家系といえばとんこつしょうゆ。一心のうまさのポイントは
燻製チャーシューにより深まる香りとコク、うまみ
であるといえます。濃厚なとんこつしょうゆにさらに燻製チャーシューのうまさが相乗効果を生み出しているわけですね。主観ではやはりスペシャルチャーシューが燻製のうまみがいちばん大きいかなと思います。
燻製チャーシューはスタンダードなモモチャーシュー。やわらかさから一番人気のバラチャーシュー。肩ロースを贅沢に使ったスペシャルチャーシューの3種類が選べます。イバタン。メンバーからすれば結構な距離なのでスペシャル希望で行きたいところですチャーシューは持ち帰りも可能でサイズによって値段は変動するようです。お酒が全然ダメなゴマですが、この燻製バラチャーシューを炙ってビールと一緒にいただけば・・・

海原YOU☆斬「すばらしいチャーシューだ。四郎。貴様にこの味が分かるか?桑の実DA!!」状態である。


ミニネギご飯。
一心 ミニネギご飯
たくあんつき。
ごま油をからめたネギに細かく刻まれたチャーシューがホカホカのご飯の上に!

刻まれたチャーシューがたっぷりのったミニチャーシュー丼と迷いたくなるところ。まあラーメンの定番だろうけど
半分食べたところに燻製のうまみが溶け出した濃厚スープをガバッとかけて食えばなおうまい!!

燻製チャーシューの魅力抜群である。


以上、補足記事ゴマでした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibatan1.blog90.fc2.com/tb.php/45-0abc8252
    この記事へのトラックバック