映画館レポ・隠れ家的ミニシアター 横浜シネマリン

2017年08月09日 23:14

ゴマです。先日MRIを撮りましたが中度以上の頸椎椎間板ヘルニアと診断されました。飛び出した椎間板がそのまま背骨にそってだら下がっている為に強い足のしびれがあります。医者からも映画は控えた方がいいねー。と言われました。

でこちらにお邪魔しました。

横浜シネマリン


DSC01694_RR.jpg

京浜東北線関内駅北口より5分から10分程度、市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅、京浜急行日ノ出町駅からも10分以内とアクセスしやすい映画館です。

この映画館は1954年オープンの歴史ある映画館で一度は閉館を危ぶまれるも地元市民の協力により存続しリニューアル、さらに席数を減らし、スクリーンを大型化してリニューアルと単なる老舗ではない活力に満ちた映画館です。今回は横浜シネマリンについて書いていきます。他のメンバー?生きてますよ!
今回は横浜ブルク13からのハシゴという事もあり、かなり窮屈なスケジュールだったので寄れなかったのですがシネマリンの隣には喫茶あづまというお店が。映画を見る方の多くが利用しているようであり評判もかなりいいです。次回訪問時には是非立ち寄りたいですね。

DSC01697_RR.jpg

まるでピアノを思わせるカーブ。この外観も新装オープン後にリニューアルされているようです。

DSC01683_RR.jpg

館名の横には猫と映写機が。
DSC01700_RR.jpg

DSC01701_RR.jpg

この猫については後ほど・・・映写機マークは近くにあった旧シネマリン入口時代からも受け継がれているようです。

DSC01698_RR.jpg

DSC01699_RR.jpg



扉の先には地下への階段があります。こういった小規模のミニシアターの入り口が地下だとちょっとした隠れ家や知る人ぞ知る秘密のお店のようでワクワクした気分になるのは自分だけじゃないはず。入口付近にモニターが設置されているので今どんな映画がやっているんだろう?と覗いてみるのもいいでしょう。

DSC01693_RR.jpg

階段の途中に上映作品のポスターが。
DSC01692_RR.jpg


ガラスの扉の先がロビーです。
DSC91691_RR.jpg

リニューアルされたこともあり、清潔感のある空間です。席数に対しては小さなロビーと言えますが近くの商店街を回るもよし、喫茶あづまで過ごすもよしなので十分な広さとも言えるでしょう。

DSC01684_RR.jpg

よく見るとプロジェクターが設置されています。イベント時などは色い壁面に映像が投射されるのでしょう。スピーカーはBOSEでした。
DSC01686_RR.jpg
DSC01687_RR.jpg

チケットカウンターがこちら。事務所兼映写室がその後方にあると思われます。
DSC01688_RR.jpg

チケットは自由席です。自分は前日に混雑具合を電話確認しましたが非常に丁寧な回答をいただけました。新作上映時などは混雑する可能性があるので問い合わせするといいかもしれません。入場は整理券番号順、ロビー奥よりの入場になります。

横浜シネマリン・場内

DSC01711_RR.jpg

DSC01706_RRR.jpg

地下の小規模劇場とは言えQ-AXシネマを思い出させるような深い黒です。余計な装飾がない空間は迷光による反射の影響が少ないので映像に集中しやすくなります。縦に長い劇場なので大きな映像を楽しみたい方は前寄りがお勧めです。


座席も黒のハイバックシート。

DSC01712_RR.jpg

緩めの傾斜の劇場ですが前の椅子や頭は気にならなかったです。

壁面は吸音材が変わった角度で貼られています。サラウンドスピーカーはおなじみのJBLの8340a。サラウンドはJBLですが、L,C,RとSWはMeyer SoundのUPAとUSWが使用されています。

DSC01710_RR.jpg
DSC01709_RR.jpg

吸音材の間にはLEDが組み込まれていますが点灯していませんでした。映写窓を覗くとデジタルとフィルムの映写機が並んでいますね。

DSC01705_RR.jpg


スクリーン側。

DSC01713_RRR.jpg

真っ黒で何が何やらですが本当にこんな感じです。上映開始に合わせてカーテンが開きます。カーテンは袖の方へカーブしながら納まる不思議な方式。太古張りのフラットタイプ、ホワイトマットスクリーンです。

何がなにやらな黒い写真ばかりになってしまいましたが公式ページを見ると機材名やスクリーンの写真なども見る事が出来ます。

横浜シネマリン 公式ホームページ

プレビューは360度劇場の中を見る事が出来ます。

シネマリン 場内

いやぁかっこよすぎでしょう。場内ライティングマニアとしてはたまらないものがあります。右のサラウンドスピーカーが変わった取り付けなのは後方に通路がある為です。シネマリン訪問時場内があまりにも暗かった為にスクリーン左右上部にスピーカーがあった事に気がつきませんでした・・・カーテンが袖壁にカーブして納まっている様子がよくわかりますね。


〇シネマリンレポ

場内の暗さが深い事もあり映像への集中度が高いです。久々に環境的な面で映画に没入することが出来た気がします。左側の壁のLEDがやや反射していますが右側は通路があるのもあってほぼ映像の跳ね返りがゼロです。場内に反射するものがほとんどないのでランプの光に照らされた椅子が気になるほどでした。ホワイトマットとDLPの組み合わせはやはり深みと立体感があっていいですね。太古張りの為四つ角は切れていましたがほぼドンピシャの位置だったと思います。シネコンや特にULTIRAやIMAXなどの大画面に慣れてしまうとかなりスクリーンは小さく感じるかもしれません。シネマリンのトレーラーもよかったですね。

音に関しては特にシネマシティのファンが聞いたら驚くであろうサウンドであると思います。爆音や極音で様々な映画に合わせた魅力の音を提供してきたシネマシティの音に対してシネマリンの音はびっくりするくらい淡白、でもストレートな音になっています。本来のMeyerの音はどちらかと言えばこちらの音です。モニター性の高いスピーカーと言われるMeyerですがあまりにも特徴あるスピーカーではコンテンツの音に色がついてしまい、本来意図した音とは違う物になってしまう事があります。ホームページ内にもありますが、映画関係者から音がよいと評価されるのはこのモニター力にあると言えるでしょう。ちょっと気になる点では音量がもうチョイ大きくても良かったかな、というところです。
サラウンドも鳴っているか鳴っていないかくらい、盛大に鳴るときは包み込むように奥行き感を持ってなる。こういった音の出方はサラウンドをガンガン鳴らすよりよっぽど難しいことです。
今のシネコンのような巨大スクリーン、イマ―シブサウンドのような強力な物量に比べると地味ですがこういったコンテンツをありのままに再生出来る映画館と言うものは製作者サイドから見ても非常に必要なものであると言えるでしょう。

上映後、オーナーにお話を伺う事が出来ました。

〇シネマリンの猫
屋外のパネルやホームページ上に見られる猫。ページ右上には写真で写っていますね。この猫とメンバーズカード案内のページに描かれている女の子には設定があり、猫は伊勢佐木町界隈に詳しい街猫、女の子は食いしん坊でこの猫に案内され伊勢佐木町を巡る。同じ様に商店街やミニシアターを巡って楽しんでほしいという思いがあるそうです。まるで猫に誘われた女の子がシネマリンの階段を下りていくようにも見えます。猫はオーナーの飼い猫がモデルだとか。ミニシアター巡りについても横浜ニューテアトルやシネマ・ジャック&ベティなどミニシアターが近くにあり協力関係であるのも理由です。様々な劇場との提携や割引などにも注目したいです。ミニシアター閉館のニュースが多い中、協力しながら様々な試みで映画を上映するのはとてもいいですね。こちらのマップ作りなどに力を入れたいが忙しくなかなか手が回らないとの事でした。

〇変わった稼働カーテン
スクリーンを大型化する上であのように左右をロールさせないとスクリーンにカーテンが被ってしまうからだそうです。この辺りにも映像に対するこだわりが見られますね。

〇場内のLED照明は?
ホームページ上の360度の画像では煌々と光っていたLED照明。実際には全て消えていました。他の劇場でもデザイン照明をつけていない劇場がある為何か理由があるのかと思いきや、特に深い意味はなく、何となく、つけていなかったようです(笑)元はと言えば場内があまりに地味だったために施工業者さんがつけてくれたものらしいです。個人的には照明は演出で消灯、点灯も楽しみである事や単純にカッコよかった為に点灯を希望しました。「じゃあ使うようにしようかな?」との事ですw

〇サラウンドがJBLなのにフロントがMeyerなのはなぜ?
今シネマシティのラインアレイで国内でも一気に知名度の上がったMeyer。シネマリンもMeyerの音にこだわったか、と思いきや以外にもスクリーンサイズに対して適切なシネマスピーカーがなかった為、音響屋さんに選定してもらったとの事。しかしながら本来Meyerのもつモニター力の高さから映画関係者の方から「他の劇場では出ない音がここではしっかりと聞こえる」という評価を得ているとか。映画を作る側が求める品質を持っているという裏付けと言えるでしょう。

〇音量へのこだわり
MeyerのPAスピーカーは音楽作品との相性が良いと評判になっていますがこの劇場では音楽作品の場合ちょっと音量を上げたりするなど細かな音量調整を行っているとのこと。縦長の劇場の為前方が大きすぎず、後方が小さすぎない音量を意識しているとの事。音に対するこだわりが現われているポイントです。オーナー曰く「ウーハー追加しての爆音上映もやってみたい(笑)」というトンでもない発言が(笑)音漏れの問題については上階にいる関係者には迷惑極まりないが周囲には問題ないらしいです。ただ劇場が小さい為に低音の制動といった対策も必要で課題は多いようです。実現したら某女の子が戦車で戦うアニメが流れそうですが、小規模演奏のジャズ作品なども聞いてみたくなる劇場でした。

お忙しい中お話頂きましてありがとうございました。


1スクリーン102席の小さな劇場ですが、裏設定や他のミニシアターとの協力、映写・音のクオリティの高さと今後も注目の映画館であると思います。シネコン激戦区でもある横浜周辺ですがついでにハシゴして覗いてみるのもいいかもしれません。途中で猫を見かけたら素敵な事がありそうな劇場でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibatan1.blog90.fc2.com/tb.php/284-01d1309a
    この記事へのトラックバック