映画館の選びのススメ。~ホームページを比較せよ~

2016年08月15日 17:11

短い盆休み、結局映画には行けなかったゴマです。とは言いましたが盆前にシン・ゴジラをイオンシネマ海老名と成田ヒューマックスシネマで鑑賞出来たのでひとまずは満足しております。

大型連休も終わりになりますがまだまだ夏休みの方も多いと思います。ちょっと映画でも行こうかな、と言う方に映画館を選ぶにあたりちょっと気にするとより映画を楽しめるポイントを伝えようと思います。

DSC00537_R.jpg



まず比較のためにゴマが県内でよく利用するシネプレックス水戸とTOHOシネマズひたちなかを例に比較をしたいと思います。作品はワンピースを例に見てみましょう。

スクリーンショットの扱いに慣れていない、というか初めてなので見づらくて申し訳ない・・・

シネプレックス水戸では8時30分から4DX版、11時10分と20時30分からメインスクリーンのシネマ6で、13時40分と18時15分からシネマ1での上映があります。
シネプレックス水戸ワンピース_RR

一方のTOHOシネマズひたちなかはスクリーン9で通しでの上映になっています。
TOHOシネマズひたちなか ワンピース_RR

スクリーンの番号では分からない!映画館の違いなんてどう見ればいいか分からない!という人は劇場案内や施設案内といった映画館の説明の項目を見てみましょう。

シネプレックス水戸はここから確認出来ます。

シネプレックス水戸劇場案内_RR


シネマ1は159席、メイン館のシネマ6は460席になります。大きな劇場ですね。

シネプレックス水戸スクリーン・音響_RR

シネマ6にはHDCSの表記があります。イバタン。を見ていただいている方はご存知とは思いますが、こういった特殊なシステムを導入している映画館にはほぼ確実に説明があります。

シネプレックス水戸HDCS_RR

実際には聞いてみての好みになってしまいますが映画館を選ぶ基準のひとつにこう言った独自規格は大きな目安になります。

TOHOシネマズひたちなかはこちらから。

TOHOひたちなか施設案内_RR

スクリーン9は108席とかなり規模の小さい劇場になっています。
TOHOひたちなか施設案内_RR

これは映画館ごとに集まるお客の違いがあると言う事でイオンモールなど家族連れの多い映画館では子供向けアニメなどがメインスクリーンに当てられます。学校の多い水戸駅周辺では学生ウケの良いアクション系や恋愛ドラマなどよりお客の動員が見込める作品を規模の大きい劇場に割り当てるのです。今はペットが各劇場人気です。TOHOシネマズひたちなかはメイン館のスクリーン5で終日、シネプレックス水戸では学生が多い事を考慮してかワンピースとジャングルブック、ペットを順繰りで当てています。この辺りも映画館の違いが出て面白いですね。

シネプレックス水戸 シネマ6_RR

TOHOひたちなか ペット_RR



座席数から水戸がいいんじゃないか?と思う方も多いでしょうがここはもうちょっと考えてみます。

まず4DXで見たい!という方にはシネプレックス水戸の4DX版がベストでしょう。映画と同期して様々なエフェクトが体験のは映画館でしか出来ない経験となります。
次は多くの方が一番いいのではと思うシネマ6ですが、HDCSによる迫力のサウンドと大きなスクリーンは確かに魅力です。しかしワンピースはビスタ収録作品なのでシネマ6の場合左右に余白が生まれます。その場合座席数は減り規模は小さくなってもシネマ1の方が体感的なスクリーンサイズはとても大きく感じる事が出来ます。

TOHOシネマズひたちなかのスクリーン9もビスタ最大のスクリーンです。規模は小さいですがですがスクリーンと座席配置がよく、スクリーン全体が見やすいです。余計な反射の無い劇場なので映像にも集中出来ますね。またひたちなかでは小規模スクリーンに全ての上映を当てているという事はこの劇場ではそれほど多くの集客を見込んでいない作品であるという事でもあります。つまり水戸と比べて混雑は少ないと考えられます。仮に満席だったとしても108人と460人の入退場では大きな差があるので混雑を嫌う人にはよい選択肢になると言えます。


追い込んでいくとシネプレックス水戸はスピーカーはEVで映写機はDLP、TOHOひたちなかはJBLでSXRDといろいろ出てくるのですがここまで気にする人は少ないでしょう。後は実際に入らないと分からない部分も多いのですが、大きい劇場より小さい劇場の方が必ず優れているという事ではありません。上に書いた事をちょっと考えれば映画鑑賞の際はより楽しむ事が出来るでしょう。


水戸とひたちなかだけでも結構比べる事が出来ますね。ここでIMAXを導入しているシネマサンシャイン土浦のIMAXシアターをちょっと見てみましょう。

シネマサンシャイン土浦 ジャングルブック_RR

9月まで上映となっています。IMAXシアターでは基本的にIMAX作品しか上映が出来ないというデメリットがあります。その為どんなにお客が少なかろうがIMAX作品しか上映出来ないのです。しかし逆にIMAX作品である以上しばらくは上映が確定しているとも言えます。(2週間程度で終わる場合もありますので注意)なので忙しくて見たい映画が大きなスクリーンで見れなかった・・・という人はIMAXをチェックしてもいいでしょう。もちろん他の劇場と比較した上でIMAXがあるならIMAXで見たいという方も多いはず。そんな方にはシネマサンシャイン土浦はチェックすべき映画館だと言えます。


後はどれだけの映画館をチェックするかでも選択肢は変わってきます。県外では1日1本とはいえ話題のシン・ゴジラがULTIRAで上映されています。下は春日部ですが幕張新都心でも上映中。大きなスクリーンで見てこその作品なので見てない人にはベストな劇場でしょう。

イオンシネマ春日部シン・ゴジラ_RR


また設備表に慣れた方は他の劇場を覗いてみると面白いものが見つかる事があります。ユナイテッドシネマ前橋の劇場案内を見てみると・・

ユナイテッドシネマ前橋 施設案内_RR

メイン館のスクリーン2は20.1 x 8.3mの特大スクリーンです。ULTIRAやTCX、IMAXなどの巨大スクリーンが人気の今、何の宣伝もなしに20メートル超えのスクリーンを導入しています。以下スクリーン7が16.6 x 7.0m、スクリーン5が13.2 x 5.5mと場所が場所ならメイン館クラスの大きさです。独自規格や大きな宣伝ばかり見てしまうとこういった隠れた凄い映画館を見落としがちなので情報を全て信じる前に調べてみるのもいいでしょう。ちなみに前橋のスクリーン2はTOHOシネマズ新宿のTCX、イオンシネマ幕張新都心のULTIRAより大きなスクリーンです。

あとは内装であったりサービスであったり、音や映像は見てみないと分からない部分もあります。いつもと違う映画館を見てみるのも楽しいですし選択の幅が広がるのではないかと思います。是非チェックしてみて下さい。


次回は映画館のマナー・モラルについて書きたいと思います。
スポンサーサイト


コメント

  1. けんじ | URL | -

    ゴマちゃん

    荒れ果ててたイバタン、更新ありがとう!
    後でじっくり記事見ます。
    俺も中国映画事情でも書こうかな。書いても需要ないな。

    けんじ

  2. ゴマ | URL | -

    けんじ

    仕事やプライベートが忙しいから仕方がないね。
    中国の映画館は自分も興味あり。映画館以外にも日本との違いを書いても楽しいかもね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibatan1.blog90.fc2.com/tb.php/219-6b50b8dd
この記事へのトラックバック