FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMAXって?

2016年04月25日 00:29

IMAX。恐らく今の映画館利用者の中で映画館にそれほど興味がなくても多くの人が知っているシステムではないでしょうか。IMAXとは一体どのようなシステムなのか。なぜ人気なのか。今回はIMAXについて書きたいと思います。

DSC04910_R.jpg
SEE MORE、HEAR MORE、FEEL MORE。



DSC06172_R.jpg

IMAXはオリジナル劇場規格ではなくカナダのIMAXコーポレーションが開発したシステムの事を言います。映画館以外にもテーマパークのアトラクションとして導入されている例もあります。

IMAXの定義ですが、「IMAXデジタルシアター」から見て行きます。

○デュアルプロジェクターによる明るく鮮明な映像。

○天井から両壁いっぱいのシルバースクリーン

○理想のサウンドが全ての座席で聞ける

○通常の劇場よりも立体感のある3D映像

これら4点になります。IMAXはIMAGE MAXIMUM(最大限のイメージ)の略です。


デュアルプロジェクターについてですが2台の映写機を連動することにより大きなスクリーンでも光度が2倍確保出来ます。実際の光度は2倍も出していないと思いますがIMAXシアターの映像は確かにはっきりした明るさを感じる事が出来ます。IMAXトレーラーの最後にDLPの文字が出てきますがこれはIMAXデジタル映写機がDLP方式であるという事。つまりは2K映写×2台という事です。

天井から両壁いっぱいのシルバースクリーン。どこかで聞いた文章だと思いますが、ULTIRAやTCX、まだ書いていませんがADMIXなどのウォール・トゥ・ウォールの各規格はIMAX対抗策として生まれたと言っても過言ではありません。IMAXデジタルシアター導入後は各SNSやインターネットなどにより多くの人がIMAXに強い関心を持つようになり、同じ作品でもIMAX版があればIMAXで見たいという動機にもなったのです。

DSC05937_R.jpg


理想のサウンドが全ての座席で聞ける。これはいくらなんでも無理があるでしょう。壁際では壁反射の影響もありますし、最前列と最後列では音圧も違います。スクリーン中央席でなければファントム音像が中央に定位もしないでしょう。IMAXに限らず通常の映画館でも言える事です。
サウンドの特徴としてはIMAX専用のスピーカーを使用。大きく異なるのはサラウンドスピーカーを1台ずつしか使用しない点です。(13chはまた別です。)通常の映画館は複数のスピーカーで客席を取り囲み、各座席に音を届けると同時に複数設置されたスピーカーによる音場による自然な包囲感やスクリーンへの繋がりを得ています。対するIMAXは大型のスピーカーを後方の壁の隅、上方から対角線に向けて設置されています。複数のスピーカーを使用したディフューズサラウンドに対し、単発のスピーカーによるダイレクトサラウンドになっている訳です。通常の映画館より大きな音量でダイレクト、客席に向けて直接音をぶつける事でより真後ろから音がする、後ろの音がはっきり聞こえるというようなサウンドになっています。音源が一か所になるので通常の映画館のような自然な広がりや包囲感やスクリーンへの繋がりは苦手になります。

DSC09099_R.jpg


通常の劇場よりも立体感のある3D映像。これはウォール・トゥ・ウォールのスクリーンならばそうですが視野の中にスクリーンが納まってしまう劇場の場合、スクリーン内部のみが浮き出て見えるのでかなり違和感があります。映像自体が立体的でも周りに枠がある為に納まって見えてしまうのです。IMAXのように上下左右いっぱいのスクリーンであれば視界全てが映像になります。その状態ならば3D映像も本当に視野いっぱいに、それこそ触れられそうな映像になるのです。


○IMAX13chって?

IMAXは通常5.1ch音源ですが対応作品の中には13ch(12.1ch)に対応しているものがあります。イマ―シブ(没入)サウンドの名の通りより作品に入り込める音を提供するもので通常の5.1スピーカーに側面、天井にスピーカーを追加しています。真上を通り過ぎる音や側面の音が追加される事でダイレクトサラウンドではあれど抜けていた音場を埋める意味ではとてもよかった(アトラクション的)ですが対応作品はかなり少ないようにも思えます。後ほど書きたいですが天井にスピーカーが設置されていてもDOLBY ATMOS、imm sound、Auro11.1、IMAX13chは全て別物です。


○レーザー光源IMAXって?

109シネマズ大阪エキスポシティに国内初導入となりましたツイン4Kレーザー光源。恥ずかしながら自分はまだ体験していませんが知り合い曰く非常に高画質であるとの事。特に明るさ、コントラストの向上が目覚ましく黒表現はキセノン光源のDLPやSXRDとは次元が違うようです。池袋の導入まで見れないかも知れませんがレーザー光源は非常に興味深いところであります。


IMAXの人気の秘密は?

IMAXは導入する際にIMAX側からロゴの配置やデザインなどにも指定があるようです。なので劇場入り口など様々な目につきやすい所にIMAXのロゴを見かけます。

DSC05488_R.jpg
DSC05492_R.jpg
DSC06171_R.jpg


画像のように青く光るロゴが目に入ります。劇場ホームページもIMAX押しが非常に強い事、IMAX版ありというロゴの入った予告編、IMAX体験者のCM。過剰なまでにIMAXアピールがあります。対するULTIRAは設備が素晴らしいにも関わらずこの辺りの宣伝がかなり下手で全く認知されていませんでした。

インターネット、SNSでの口コミもそうですが客に対する情報量が多い事が集客、認知に繋がっているよい例だと言えます。また大きめの音量、ダイレクトサラウンド、ウォール・トゥ・ウォールスクリーンなど既存館との違いが映画館をあまり利用していない人ほど分かりやすいという点もあります。IMAXではハリウッド大作が多いことからも見る人が多いというのもあるでしょう。


IMAXは本当に凄い?

各地で数が着々と増えているIMAXですが全てのIMAXシアターが同じレベルの映像・音響体験ができるのでしょうか。IMAXが近くの劇場に導入されてうれしい!IMAXを○○で見た!映像も音も大きくて最高だった!!もうIMAX以外は考えられない!全部IMAXになればいいのに。こういった書き込み、コメントを多く見かけます。


実はここに大きな落とし穴があるのを多くの方が知らないのです。


自分もIMAXで映画を見る事がよくあります。IMAXの迫力ある映画鑑賞はとても楽しいものです。しかしIMAXにも弱点があります。

○基本的にIMAXコンテンツしか再生出来ない。

アクション大作をIMAXで見たい!立川でみたガルパンをIMAXでも見たい!という書き込みを見ますがどんなに集客が見込める作品でも基本的にIMAXシアターではIMAXコンテンツ作品しか上映出来ないのです。(例外もあります。)基本的にIMAXはその劇場のメイン館として導入されていますので300席の映画館はIMAX作品、どんなに人気がある作品でも200席以下の劇場でしか上映出来ないという事もよくあるのです。逆を言うとあまり人気のない作品でも公開終了間際までIMAXは上映している場合が多いので見逃した人にはいいかも知れません。


○追加料金が高い

利用した方は分かると思いますがIMAX特別料金です。IMAXシアターで鑑賞すると大人は2000円以上かかる上に割引サービスの適用外だったりします。

○IMAX格差

IMAXはIMAXとして導入された劇場と通常館を改装して造られた劇場があるのは知っているでしょうか?IMAX仕様の劇場でTOHOシネマズ新宿と109シネマズ二子玉川の写真を見てみます。

TOHOシネマズ新宿

DSC08820_R.jpg

DSC08823_R.jpg

DSC08821_R.jpg



109シネマズ二子玉川

DSC09096_R.jpg

DSC09101_R.jpg

DSC09105_R.jpg

どちらも設計段階からIMAXとして導入された劇場です。写真では分かりにくいですが座席傾斜が急であり上下左右いっぱいのスクリーンであることが重要です。座席傾斜が急であるという事は必然的に座席からスクリーンまでの直線距離が近くなります。後日書きたいですが「実スクリーンサイズと体感スクリーンサイズは違う」ということです。
極端な事ですが家でも同じ事が出来ます。テレビを1メートルの距離から見る。テレビを30センチの距離から見る。これと同じ事です。IMAXを前提に造られた劇場はこの辺りの見えかたがIMAX的に見られます。109シネマズ二子玉川は高級志向のグランドエグゼティブシートがあります。自分にはかなり高額ですが余裕のある方は是非。


改装IMAXシアター

問題はこちらです。国内の半数が元ある劇場を改装して造られたIMAXシアターです。IMAX改装シアターの写真を2劇場。劇場名は出しません。

DSC05508_R.jpg

DSC05507_R.jpg

DSC04902_R.jpg

DSC04905_R.jpg


これらの写真の劇場は改装IMAXシアターとしてはIMAX感のある劇場です。IMAX改装館(設計途中でIMAX館に変更となった劇場も含みます)は既存のスクリーンサイズ、劇場構造に大きく影響を受けます。メインスクリーンの多くはスコープサイズです。IMAXはほぼ16:9です。そのため縦は多少大きくなっても横にスペースが空いてしまう場合があったりあまりサイズが変わらないという劇場も多いです。スクリーンサイズは変わらなくても前より大きく感じるのは前列AからD席付近まで取り払い既存スクリーンの前にスクリーンを設置する為です。
では劇場構造が縦長だったり天井が低くスクリーンが小さな劇場はどうなるのか。



DSC02177_R.jpg

DSC05940_R.jpg


このサイズでもIMAXなのです。他の映画館でこのサイズを超えるメインスクリーンはウォール・トゥ・ウォールでなくともかなり多くあります。IMAXシステムが入っている以上確かにIMAXですがIMAGE MAXIMUMとは何だったのかという話です。一番問題なのはあまり映画館を利用しない方、利用している方でも演出や広告などでこのIMAXが通常の映画館より遥かに優れた、スクリーンの大きな映画館と思ってしまう事です。SNSなどが特にそうですがIMAXすごい!IMAX最高!というコメントでも既存館改装館と専用設計館が混同し、どれだけ小さな改装IMAXでもIMAX最高!となってしまっている事です。


○恐れていた事態。改装ならぬ改悪IMAX

映画館は商売です。お客がたくさん来てお金をもらい、利益を得ないとやっていけません。どんなIMAXでもIMAXならば最高であるという空気、現実にIMAXに流れるお客。自分のように様々な映画館を利用すると分かりますがIMAX以外の劇場の中にも素晴らしい物はたくさんあります。宣伝していなくても通常料金で20メートル級スクリーンを入れている、音がとてつもなくいい、サイズは小さくても映写が恐ろしく正確など劇場ごとに特色があるのです。しかし現状IMAXに関心が強いです。IMAXにお客をとられます。ならば映画館はIMAXに改装してお客を引っ張ろうとするのです。
そんな中T・JOYがIMAXと提携、品川IMAX復活という喜ばしいニュースと共に横浜ブルク13のメインスクリーン改装という非常に残念でならない情報が入りました。ブルク13のシアター7は自分も大好きなスクリーンで贅沢な内装、適切だが大きさを感じれるスクリーンサイズ、高域が独特な迫力のサウンド・・・かなりハイレベルな劇場でシネコンの完成系とも言える劇場です。さらにイオンエンターテイメントもIMAXと提携。なんとイオンシネマ大高のULTIRAを潰してIMAXを導入することが決まりました。対IMAXとして導入したJBL4wayスピーカー、大型シルバースクリーン、ULTIRA専用デザイン。ULTIRA1号サイトとしてオープンした大高がIMAXになる。これがどれだけ残念なことか。ULTIRAは元のサイズが大きいのでIMAXを導入すればかなりのIMAX感を体験出来るでしょう。
しかしここで問いたいのは改装費用をかけ、IMAXコンテンツのみの上映のみの制限をつけてまでIMAX以上の能力を持つ劇場を潰す意味です。導入後はよくも悪くもIMAXです。自分はIMAXというシステムは否定しませんが元のよい劇場を潰してまで導入するのは強く反対です。


○本物のIMAX

改装IMAXを見て満足している人や既存館に導入が決まって喜ばれている方は恐らく本物のIMAXを体験していない人かと思います。本物のIMAX。それは既存館改装では絶対なしえないレベルです。

・改装ではなくIMAX導入の為に建物を増設した成田ヒューマックスシネマ

成田ヒューマックスシネマは標準的なシネコンでした。IMAXは追加導入という形ですが既存館を改装するのではなく施設を建て増ししてIMAX専用設計で造られた劇場です。IMAXデジタルなのでスクリーンは約16:9。大阪エキスポは約4:3ですがIMAXデジタルの現状では上映範囲は大阪エキスポシティとほぼ同等です。

DSC07129_R.jpg

DSC07130_R.jpg

DSC07125_R.jpg

DSC06187_R.jpg

DSC06186_R.jpg

DSC07132_R.jpg

写真だと大きさが伝わらないと思いますが横幅約25メートルの大型スクリーンです。座席に座ると圧倒される大きさです。関東では現在最大サイズであり本物のIMAXと呼べるIMAXです。本物にも関わらずアクセスの微妙さや知名度のなさからほぼガラガラ。既存館改装IMAXが人気の中本物と言えるIMAXがガラガラとは何という皮肉でしょう。自分は見たいIMAXは土浦をスルーして成田で見たいと思うほどによいと思います。


大阪IMAXもその大きさで有名ですがさらに上、本物中の本物のIMAXを自分は経験することが出来ています。

・サントリーミュージアム天保山IMAXシアター・スペースワールド ギャラクシーシアター

大阪天保山のIMAXは残念ながら閉館となりました。自分のIMAX初体験がこの天保山のIMAX閉館上映となりました。

DSC01324_R.jpg

DSC01325_R.jpg

DSC01344_R.jpg

DSC01346_R.jpg

DSC01347_R.jpg

DSC01349_R.jpg

DSC01354_R.jpg

DSC01328_R.jpg

この異常とも言える特大スクリーンが分かるでしょうか。20×28メートルのスクリーン、急な座席傾斜、超巨大なサラウンドスピーカー。これこそIMAXなのです!ここで見た映像、映像に吸い込まれる、映像に落ちるような感覚、衝撃でした。

次が福岡スペースワールドのギャラクシーシアターのIMAXです。

DSC09683_R.jpg

DSC09687_R.jpg

DSC09691_R.jpg

DSC09692_R.jpg

DSC09700_R.jpg

こちらは21×28メートル。ほぼ天保山と同じサイズです。スペシャルエフェクトのスターデストロイヤーのシーンは二ヤケるのを我慢できませんでした。古さはあり、スクリーンの汚れも目立ちましたがフィルムIMAXの真髄をまた味わえるとは最高でした。

IMAXが好きな方はスペースワールド、109シネマズ大阪エキスポシティの本物は必見です。本物のIMAXの格の違いを肌で感じる事が出来ます。IMAXの良さもありますが、映画館で映画を見る時はIMAXだから、ULTIRAだから、TCXだからと変な意識をせず見た方がより映画館の真価を知る事が出来るかも知れます。自分の記事がそうですが人がいいという映画館がいいとは言えないのです。


Think Big.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ibatan1.blog90.fc2.com/tb.php/200-7bbd5307
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。