なぜここに建てたんだ「ふるさと」@石岡市

2012年04月11日 21:50

こんばんわ。イバタンメンバーに加入させていただいたさばネコ(簡単な自己紹介は「コチラ」)です。
毎度、茨城のアンダーグラウンドな魅力を伝えていきたいと思いますので宜しくお願いします。
今回の物件はこちら。

ふるさと1

【物件名】
ふるさと
【住所】
茨城県石岡市
【駐車場】
看板入り口より入ると2、3台は止められるスペースあり。

割烹ふるさ〇です。
ふるさと2

こちらが道路側からの景観。
ちょっと要塞みたいですね。


ふるさとは石岡市にある割烹料亭でしたが、景観は良いものの立地が悪かったのだと思う。…仮に橋渡しで向こう側まで行ければ??
いや、それでも高級感は出ないな。良くて湖畔沿いのビジターセンターかな。


まぁそうこう考えてるうちにふるさと入り口まで辿りつきました。

ふるさと3

ヤブでボーボーです。
でも歩けなくはないですね。
ふるさと5

ちなみにここは生板池というらしいです。自然公園に…かぁ。
しかし、周辺の荒れ方を見ると自然公園への道のりは遠そうにも感じる。

ふるさと6

池の近くに降りられる足場。
湖畔を観ながらお弁当とか…デートにも使えるんじゃないか?と思ったけど…

ふるさと7

後ろにコレがあったら、その日に別れたくなるな。

さて、廃墟だ。廃墟。

ふるさと8

…2tトラックが突っ込んだ跡みたいになっとる。

んー。え、どうなの?これ。廃墟として。

ふるさと9

気を取り直して、続いて横からパチリ。

ふるさと10
ふるさと11

続いて中をパチリ。
なんか朽ちてるというより…荒らされてます。さば的にはあまり好きではない廃墟かなぁ。
朽ちてく美学の要素があまりないですね。


ふるさと12

天井はこんな感じ。

ふるさと13

ん~二階もあるけど、ちょっと歩き回れないかなぁ…。
でも、せっかく来たので登ることにします!!


ふるさと14

こちら二階です。
ところどころに抜けはあるものの、意外と歩いて移動できるみたいです。


ふるさと17

こちらは天井。屋根も抜けているので、建物は今後さらに痛んでいきそうですね

ふるさと15

ふるさと18

2階はこんな感じです。

今回ちょっと、物件の写真は少ないかもしれませんが、廃墟というより人為的に荒らされた印象を受けます。この物件だけ見ると、遠くから来て観るのにはもったいないかもしれません。
しかし、廃墟とは遠目にみれば素敵な物件もあります。ちょっと2枚目の写真をもう一度見直してみてください。ふるさとの周りにはさくらの木もあり、池もあります。
咲き誇る桜とその奥にそびえ立つ要塞のような建物は、写真を取るにはベストなのかもしれません。


そう考えれば、こういう廃墟も見方一つで魅力的に映るはずです。

ふるさとラスト

こちらは、建物の奥です。この道を行けば池の周りを一周できるみたいです。
写真は撮り忘れましたが、この先の看板に池の歴史が書かれていました。
昔は、人々の生活の中で使われたり、田んぼに水を引いたり、池で泳いだりもできたみたいです。


今回、池の歴史に触れ改めてふるさとは、荒れ果ててしまったけど、これから自然公園としてみんなに親しまれる場所になってほしいと願うさばネコです。
いやー廃墟は歴史とともにアリということを改めて感じさせられた日になりました。
以上、ふるさとのレポートを終わります!!

スポンサーサイト


コメント

  1. 海 | URL | -

    心霊スポットらしい

    ふるさとは、心霊スポットらしいですよ(´・ω・`)

    刺殺された女性が出ると…。

    あとは、石岡の天然記念物(?)の溜まり場になってましたw
    10年前は(´・ω・`)

  2. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibatan1.blog90.fc2.com/tb.php/163-499b25b5
この記事へのトラックバック

まとめteみた.【なぜここに建てたんだ「ふるさと」@石岡市】

こんばんわ。さばネコです。毎度、茨城のアンダーグラウンドな魅力を伝えていきたいと思います。今回のと【住所】茨城県石岡市【駐車場】看板入り口より入ると2、3台は止められるスペースあり。うまい具合に見えなくな