映画館の音はスピーカーではなく「箱」が重要!?映画館の構造とは。

2016年09月10日 01:29

映画館の「音の良さ」に対する関心がうれしい事に高まっています。現状ではシネマシティの極上系上映(kic real sound)とイオンシネマ海老名のTHX、イオンシネマ幕張新都心を筆頭とするULTIRA、各映画館で展開しているIMAXが特に関心の高いものであると言えるでしょう。

映画館の音のよさの目安としてスピーカーが挙げられると思います。4way、5way、6wayと言った複数の帯域に分波して出力している、ライブ用のラインアレイを導入している、サラウンドに大型モデルを導入している、サブウーハーの設置数が多いなどいう具合に様々なスピーカーを様々な方法で使っています。確かに音の出口であるスピーカーは音を鳴らす上で重要な役割を持っていますが、スピーカー以上に音の良さに影響を与えるのが箱、つまり劇場自体の造りなのです。今回は映画館の造りと音について書いていきます。


DSC00069_R.jpg
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト