「健忘症」

2011年03月09日 10:26

どんな美しい世界でも
僕は忘れてしまうだろう
どんなに思っていても
流れる時は
そこに留まりはしないから
僕は忘れてしまうだろう 
そのぬくもりを

太陽の温もりを
月の下で歌う少女
見えない言葉を形にしては
空へと静かに飛ばしていた

見えてないのは自分の瞳
いつも何かを捕らえようと
追い続けているんだろう
だから見えなくなったんだ

僕は健忘症 締め付けるこの想いも
いつかは色褪せていくんだろう

あぁ あぁ
また朝を追っていた
スポンサーサイト

『バジル』

2011年02月23日 15:04

薄れゆく夢を眺めていたよ
次第に目が覚めてって
始まったのは現実だった

例えばさ、反対向きの葉が
僕らなら君は光を集めて
僕は息をするんだろう

そんな未来ばかり求めてた
そんな夢ばかり願ってた

生臭い生き方を求めていたから
どうしても安定とかなじめなくて

重なった皿を洗ったら
もう元の自分になった

解け残ったのは自分だけ
透かす手に握る手はないだろう

春がまた来る
手に残るバジル
君の匂いが残ってた

育てるたまごハーブ バジル(S) EG-0103育てるたまごハーブ バジル(S) EG-0103
()
聖新陶芸

商品詳細を見る