--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城県唯一のミニシアター・瓜連あまや座

2017年10月31日 12:00

ゴマです。イバタン。なのに茨城の事を殆ど書かない上に完全趣味の映画館についての記事ばかり上げてしまっていて申し訳ありません・・・というより更新頻度が低くてすいません。

茨城の映画館事情ですがほぼ全てが大手シネコンとなっています。興業こそ違えど多くの作品は似通ったラインナップであり、しかも各映画館が近接(茨城人の交通感覚で)している為お客の入りも集中しているようで妙に分散し、劇場数に対し盛り上がりも見られないような状態です。茨城県民はそもそも映画をあまり見ない人種なのか期待の新作を見に行ったらメイン館に10人しかいないなんて事もあり、映画館マニアとしてはちょっとさびしい気持ちになります。

そんな中で茨城県北に新たな映画館、茨城県唯一のミニシアターがオープンしました!今回は瓜連あまや座についてレポしていきます。今回あまや座の代表の大内さんにお時間を頂いてお話させていただいています。

DSC00237_RR.jpg


[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

映画館のスピーカー その1

2016年05月02日 00:15

映画館を利用する人でもあまり目を向けないスピーカー。スクリーン裏のスピーカーは通常見る事が出来ません。スクリーン裏にはレフトチャンネル、センターチャンネル、ライトチャンネル、サブウーハーの4種類のスピーカーが設置されています。そして座席を取り囲むように設置されているのがサラウンドスピーカーです。左右でサラウンドレフトチャンネル、サラウンドライトチャンネル、6.1チャンネル、7.1チャンネルなどで後方のスピーカーがサラウンドバックチャンネルやサラウンドバックレフトチャンネル、サラウンドバックライトチャンネルなどと振り分けが変わります。

DOLBY ATMOSなどの新しいフォーマットによりスピーカー配置はさらに複雑化し、様々な配置が多く見られるようになりました。

今回はサラウンドスピーカーをちょっと見上げれば分かり、聞き比べるとよくわかるスピーカーのメーカーの違いについて書きます。
場所によっては下のように設備表がある劇場もあります。これだと使用機材も分かりますね。

DSC06836_R.jpg

DSC02928_R.jpg
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。